カウンセリングルーム宇宙と樹(うちゅうとき)は、家族(かぞくや愛する人)をつなげるカウンセリングルームです。          

カウンセラー 自己紹介(じこしょうかい)                        


はじめまして。

私の名前(なまえ)は、鈴木明喜(すずきさわき)です。
5才の男の子のお母さんです。
5才の男の子のお父さんと17才のネコさん(=^・^=)と暮らしています。

私の小さな頃は家族みんなと楽しく暮らしていましたが、大きくなってからは
家族の中で、自分をどのように表現したらよいのか分からなくなり
家は居心地が悪くなり、ともだちの家によく行っていました。

そのまま大人になり家を出て札幌で暮らしましたが
どこかポカンと心に穴が開いたままのような感覚があり
それは仕事でも恋人でも埋まらなかったような気がします。

34才の時に、父が急遽亡くなり札幌から地元の岩手県に帰ることになりました。
その日からどんどん私の中のポカンと開いたままの心の穴が
どんどんと大きくなり自分の母親や、恋人と色々なことがありました。

41才で初めての出産をし、子育てをしながらも心の穴はそのままで
とうとう穴はパーンとはじけて自分の抱えてきた心と向き合うことに
なります。

小さな息子と家族と一緒に居たいというのが私の願いでした。
でも、上手くいかず…離婚も考えました。

そんな時「どうせダメになるなら、自分の心と向き合ってみよう!」と
決意し、心の学びをし、それを行動し2年間ほど実践して今の私があります。

今は、どんな困難(笑)があっても必ず大丈夫だと感じています。
それは私の大事な家族と心が繋がっている安心感があるからです。
心を閉ざしていたのは自分。

それを解放してあげたから。楽になりました。
誰でも本当の自分をさらすことは怖いです。
でも一人じゃないから。

自分とつながることが、大事な人とつながる最大のツールです。

わたしは今、家族(かぞく)という場所は
宇宙ぐらい大きくて一人では果たせない
大きなエネルギーを作っていける
とっても大切(たいせつ)な場所(ばしょ)だと
感じながら生きています。

あなたも決して一人ではありません。
心を閉ざさず、一歩ずつ開いていけば
大事なものとつながります

このカウンセリングルーム宇宙と樹(うちゅうとき)は
その方法を知り実践(じっせん)し
行動することで

愛する人と一緒に
歩いていけるようになる
セルフカウンセリングを身に着け
羽ばたいていく場所です

きっといつか
今度はあなたが誰かの
愛する人とつなぐお手伝いをするでしょう




powered by crayon(クレヨン)